水面の模様

​事業内容

​カメラ調査

波紋

【配管内のTVカメラ調査】

下水管は長期間、機能を果たしていくと老朽化等による亀裂や破損などにより様々な事故が生じます。これらの事故が起こってしまうと快適な暮らしを妨げ、補修に多くの時間と費用がかかります。
そのため下水道管などの長寿命化を図るため、まず管の状態を内部まで診断を行う必要がございます。
調査には目視調査・流量調査・TVカメラ調査と方法がいくつかありますが管の口径が狭い場所で力を発揮するのがTVカメラ調査です。

これは狭い下水道管の中を自走することができる特殊なTVカメラを使い地上の制御室から自由に操作しカメラを通じて実際の内部を見ることで下水管の調査をする方法です。
当社では下水道管などあらゆる管の内部をこれらのカメラを使い調査・診断いたします。管の内部を鮮明に静止画像、動画撮影により管内状況を詳細に調べることができます。

溜枡・グリストラップ清掃

波紋

【グリストラップ清掃】

グリストラップは、厨房・その他の調理場から排出される排水中に含まれる油脂を分離・捕集するための装置です。
食事を提供する飲食店・学校給食・病院・社内食堂・老人ホーム・食品加工場などへの設置が義務付けられグリストラップに溜まった油・残飯は産業廃棄物として扱われ事業主において適切な処理をすることが義務付けられています。
グリストラップに汚れが残っていると悪臭や廃油による排水の詰まり、ゴキブリの繁殖などの害虫トラブルにもつながるため、正しい清掃の方法を行い、きれいに保つ必要があります。

【グリストラップの仕組み・構造】

グリストラップは第1槽、第2槽、第3槽の3つに分かれており、それぞれの部分の機能は以下のようになっています。

  • 第1槽、厨房などからの排水に混ざっている残飯や生ごみを取り除く 

  • 第2槽、油脂分を滞留させます。底部には汚泥を溜める。

  • 第3槽、さらに油脂分を分離させ、パイプ状のトラップ管を使って下水に排出する